活動ニュース

地球への鎮魂歌

東日本大震災から、1年が経ちました。今でも、思い出すたびに、胸が絞め付けられて涙がこぼれます。

3/11の午後2時46分から、近所の寺社では鎮魂の鐘が鳴り響いておりました。黙祷をささげながら胸がじーんと熱くなりました。

私は、瞑想を毎日実践することで、少しでも地球とガイアのお役に立てば、と相変わらず黙々と続けています。稚拙ながら、鎮魂の短歌を捧げます。楽趣味(ラクシュミ)は私の雅号です。

『人類の エゴが壊した 自然界  お詫びを込めて 瞑想の日々』  楽趣味(ラクシュミ)

『ガイア神 腹にすえかね 荒れ狂う  許しを乞いて 鎮魂の歌』   楽趣味(ラクシュミ)

一日も早い復興を心より祈念し、自分に出来る最善を尽くします。

«前の記事へ 『夢の文化祭』開催のお知らせ
»次の記事へ 『氣の學問』体験会のお知らせ

前のページにもどる前のページにもどる